基本的に物置き

シナリオ置き場

クトゥルフ神話TRPGで遊ぶためのシナリオを置いています。
★の数は難易度(最大5つ)、想定プレイ時間はオンラインセッションでの要時間です。

短編シナリオ(プレイ時間4~6時間)

からから、がらがら (5~6時間程度・★☆☆☆☆)

さっくりしっとり、危険とロスの少ない短編。

食欲、芸術、スポーツ……秋の山は楽しみがいっぱい。
山遊びを楽しんだ下りの山道、林の方から聞こえてきたのは赤ん坊の泣き声。
父母の気配は周囲になく、しかも一向に泣き止む様子がない。
心配になり、林へ足を踏み入れる探索者だったが……?

無謀の代償 (4~6時間程度・★★☆☆☆)

頭を悩ませたい、とにかく悩みたい奇特な人向き。

ねこまねかれた探索者たちは謎の神殿で目を覚ます。
「神殿に潜む、邪悪な存在を封印せよ」
与えられた使命はいたってシンプル。
しかしそれを果たすためには、実にこんがらがった謎へ挑まねばならない。
「この中に一人、嘘つきが紛れ込んでいる」
……その言葉が意味するものとは?
他のシナリオに比べ、非常に推理要素が重点されています。

黒猫と白ワイン (4~5時間程度・★★★★☆)

理不尽な危険と、生還を掛けた謎解き。

その日の夢はあまりにも現実味を帯びながら、あまりにも非常識なものだった。
3匹の猫、3つの酒樽。至福の一杯「黒猫のワイン」は果たしてどの樽の中に?
愉快な試飲場にて、「黒猫のワイン」を求めて冒険に挑むシナリオです。
(主に危険性の面で)いろいろ自重していないので、キーパーの個性が色濃く出ます。

極北に吼ゆる (5~6時間程度・★★★★★)

天上から見下ろせば、きっとこんなもの。

不運に見舞われた、楽しいはずだったロシア旅行。
一寸先をも見通せぬ吹雪が吹き荒れる中、探索者たちは『吼え声』を聞く。
あがいても、もがいても、その先に救いが待っているとは限らない。
理不尽につぐ理不尽の果て、彼らは生き延びることが出来るか。
運要素の強い高難度シナリオです。

中編シナリオ(プレイ時間7~10時間)

鳥かごの海 (8~10時間程度・★★☆☆☆)

あれこれ知って、関わって。選べるものは、ひとつだけ。

赤い光が弧を描き、夜の山へと突き刺さる。
そんな光景に既視感を覚えた探索者は、夜山の上で謎の少女と邂逅を果たす。
そして始まる、一夜の小冒険。
途方も無い計画の全容を知った時、一つの決断を迫られる。
辛い決断を強いられる、人を選ぶタイプのシナリオです。

時の流れの中には (7~9時間程度・★★★☆☆)

油断なく難を逃れ、奪われたものを取り返せ。

3年前に廃館となった私設美術館「夜見野美術館」。
クラスメイトの少女に誘われ、探索者たちはそこで肝試しをすることに。
しかし当日、美術館の入り口で待ち合わせた彼女は、どこか様子が妙だった……
ほのぼのした高校生活から一転、血なまぐさい展開が探索者たちを待ち受ける。
果たして彼らはその胆力で、永い永い時の流れの中から、ハッピーエンドを掴み取ることが出来るのか。
展開自体はシンプルですが、情報や資料の多いシナリオです。

ハーメルンに笛を吹く (8~10時間程度・★★★☆☆)

鬼の居ぬ間の脱出劇。でも、本当に居ないのかな?

他人ごとだと思っていた、となり町での誘拐騒ぎ。
集団下校の帰り道、笛の音とともに「彼」は近づいて……
今度の舞台は小学校。探索者たちもか弱い小学生です。
ともに攫われた二人の他校生の正体、そして帯びていた使命とは?
長めのクローズドシナリオ。「きつねの小窓」よりはクトゥルフしています。

長編シナリオ(プレイ時間10時間以上)

きつねの小窓 (9~11時間程度・★★☆☆☆)

夜の校舎には、知らなかったものがいっぱい。

異世界を覗く手段として伝わる怪談、「きつねの小窓」。
クラスメイトからそれについて尋ねられた翌日、彼女は行方不明となってしまいます。
こちらも舞台は小学校。探索者たちもか弱い小学生です。
ほのぼのシナリオですが、ほのぼのしすぎなため人を選びます。

暗がりに潜む影 (9~11時間程度・★★★★☆)

暴力を打ち砕くのは、いつだって暴力だ。

「ええい、離せ、俺を放っておいてくれ!」
疲れ果てて終電で帰ってきた探索者を迎えたのは、酔っ払って線路の上で暴れる知人。
しかし彼の必死な形相を見ていると、どうやら真剣に騒いでいるように見え……
「誘拐犯だよ! 誘拐犯が、俺の部下を攫って行っちまったんだ!」
死の恐怖がつきまとう、ハイド・アンド・シークの地下洞窟探索。
難易度は高め。最後の展開がやりたくて作ったシナリオです。

不思議の国のショゴス (10~12時間程度・★★★★★)

瓜二つの少女と魔女。記憶を取り戻し、しあわせを齎すのは……?

歩くうさぎを追いかけて、落とし穴に落ちた探索者たち。
目覚めた場所で出会ったのは、壊れたぬいぐるみと、壊れた砂時計を持つ少女だった。
探索者は「不思議の国」の探索を通じ、彼らの秘密と「魔女」の正体へ迫っていく。
すべてが明らかとなった時、提示されるのは二つの選択肢。
果たして、正しい道はどちらなのか? そしてその道を、探索者たちは選べるのか?
割とキーパリングしやすい、ほぼ一本道なシナリオです。